弊社(KSR)がウィルス除去の新しい事業を開始しました。AQUA TiO2というコーティング剤の光触媒施工によって、ウィルスや菌から大切な各施設やご家庭を守ります。

AQUA TiO2(光触媒除菌・抗菌・消臭加工液)とは室内で安全に使用できるコーティング剤です

AQUA TiO2を一度吹きかけて乾燥させると、施工後はコーティングされ、ウィルス・細菌・カビなどの除菌・抗菌効果が約1年にわたって持続します。

また、無臭かつ無色透明で施工後に色移りしないため安全です。吹き付けた施工面に、光が当たるだけで、様々な効果を発揮します。

ウィルス除去や抗菌ができる光触媒とは?

有効成分である液化チタンに光(蛍光灯)が当たることによって化学反応をお越し、臭いの素になる有機物(アンモニア・アセトアルデヒドなどや黄色ブドウ球菌・ウィルス・細菌・カビ菌等)を分解します。

世間一般によくある消臭、除菌、抗菌とは異なり、圧倒的な持続性があります。酸化チタンの粒子が小さく、建築物内部から染み出るホルムアルデヒド等や質愛に浮遊するカビや金などをイオン吸着させて分解するので、屋内の空気を浄化する大きな効果を発揮します。

AQUQ TiO2の特徴とは

ナノ化(1mm~2mm)された酸化チタン粒子が施工面にイオン吸着することで、施工面の表面積を圧倒的に増大させました。わずかな光でも反応が起こる性能の高さを実現し、吹き付けるだけで施工面にコーティングすることが出来ます。製法特許を取得(国内・海外)した技術で日本にて製造されています。


ナノ化(1mm~2mm)された酸化チタン粒子が施工面にイオン吸着することで、施工面の表面積を圧倒的に増大させました。わずかな光でも反応が起こる性能の高さを実現し、吹き付けるだけで施工面にコーティングすることが出来ます。製法特許を取得(国内・海外)した技術で日本にて製造されています。

他社の光触媒商品との違い

AQUQ TiO2は安全性と安心を備えた除菌・抗菌効果

酸化チタンは日本で1983年に食品添加物に認可されて以来、化粧品や食品・歯磨きなどにも使用されている安全性の高い物質です。また弊社の製品はバインダーと呼ばれる接着剤のようなものを使用しておりません。

皮膚一次刺激性試験、急性経口毒性試験などによる安全試験についても、すべてクリアしています。AQUQ TiO2が皆様を守ります。

AQUQ TiO2はあらゆる施設や場所で効果を発揮

介護施設・病院・集会所・ホテルなど、多くの人が集まったり人と人との接触が多い施設

飲食店・企業やオフィス-感染症予防及び食中毒予防で衛生環境を改善

社内で集団感染すれば、経営には多大な損失が発生して危険です。光触媒コーティング・ペストノール(社員様には携帯用を持ち歩いていただき自宅での注意も促す)・会議室等でエアノート・営業車両等では車両専用光触媒スプレーを使用し感染リスクを軽減します。

この光触媒の施工により、すべての感染を抑える事ができる訳ではありませんが、少しでもリスクを軽減する事が大切ではないでしょうか。室内や建物内だけではなく、通勤時のリスク軽減等についてもアドバイス致します。(電車通勤の方には、マスク専用光触媒スプレーでリスクの軽減)

住宅-ウィルス濃度の軽減効果・除菌効果・抗菌効果・ホルムアルデヒド等有害物質の軽減・消臭効果

料金(税別)

AQUA TiO2販売価格(平米単価は床面積です。)
▶~50㎡まで 55,000円(50㎡以上は1㎡あたり1,650円)

施工時のお願いと範囲-入居したままでの施工時は、壁に張っている紙類(ポスター等)の収納をお願いします。タンスの裏や物の裏は施工出来ません。押入れ中や、エアコンの中等、光の当たらない箇所は施工しません。(光触媒作用が起こらない為)鏡・ガラスには施工出来ませんのでご了承下さい。

作業後は換気を20分程お願いします。

よくある質問

持続効果が約1年となっていますが、1年後に再度施工しなければなりませんか?

多接触部の効果は、落ちてきます。毎年の施工が理想ですが、ご予算に応じて部分的な施工も行っております。

施工時、クロス等の壁に噴霧する記載してありますが、壁を水ぶきでお掃除すると効果が低下しますか?

イオン吸着により、簡単には効果の低下しませんが、壁を直接水ぶきしていまいますと、多少効果が落ちます。ほこりが気になる方はブラシやはたきでのお掃除をお勧めしています。

お風呂を施工したら約1年間、カビが発生しないのですか?

摩擦が起きたり水が濡れる場所床は、効果が落ちてきますが、お風呂の天丼や濡れない箇所は環境にもよりますが除菌・抗菌が継続しカビの抑制効果があり、発生しにくくなっています。

エアコンの中も噴霧すればカビが発生しないのですか?

エアコン外装は、光触媒効果がありますが、エアコン内部は暗く光が当たらない為、化学反応が起きません。施工前に既にカビが発生している場合があり、光触媒を施工してもエアコン内の黒カビの胞子がまき散らされている場合があります。

どのように空気を浄化するのですか?

クロスや床等に施工された光触媒施工の有効成分である酸化チタンは、イオン吸着により、空気中のカビや菌を引き寄せ、酸化チタンに光があたる事によって化学反応で有機物が分解されます。建材から染み出るホルムアルデヒド等も化学反応により分解されます。

お気軽にお問い合わせください。072-630-2000受付時間 10:00 - 18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。